銀行融資・銀行借入・事業融資を検討されている方へ

当サイトでは、個人事業や企業の皆様が、銀行融資・日本政策金融公庫融資審査に通り、事業資金を借りることができる方法を紹介させていただいています。

当サイトに記載している内容通りに取り組めば、高確率で、希望の事業資金を借りることができるでしょう。

なお、事業融資を受ける前に、再確認していただきたいことがあります。

事業資金の借り入れ、及び、返済を順調に進めていただくために、下記の4項目を理解したうえで、借りるようにしてくださいね。

事業資金(事業者ローン)を借りる前に留意して欲しい4つのポイント

1.会社と仕事への情熱

ご自身の会社と仕事に対して一生懸命取り組むことができる情熱。それが会社の業績を安定・向上させ、銀行融資も確実に返済ができることにつながります。
また、強い気持ちがあるからこそ、融資担当者に自信を見せることができ、好印象を得られるでしょう。その結果として、希望額の融資を受けることにつながります。

2.お金の大切さ

当たり前ですが、銀行融資というのは返済をする必要がある資金です。
また、将来見込んでいる「利益」を、「利益を得る前に」、先に使ってしまう行為であるとも言えます。
銀行融資でまとまったお金を受けると“お金に余裕がある。”と考えてしまい、無計画にお金を浪費してしまう方が多々いらっしゃいます。結果として、数ヶ月〜1年後に資金が足りなくなってしまうようです。
あくまでも返済の必要がある“借りているお金である”ということを認識した上で、大事に計画的にお金を使うことが大きなポイントです。
お金の大切さは失ってこそ気づくものですが、そうなってからでは遅いものです。“お金の大切さ”をいつも意識していただきたいところです。

3.確実に返済すること

「借りたお金は確実に返済すること。また、返済する気持ちを持って借りること。」
当たり前のことですが、再度、認識していただきたいところです。返済の遅れがなく、確実に予定通りの返済を行なう。少しでも(1日、2日など)でも支払いが遅れないことが大原則です。たった一回でも返済が遅れると、銀行からの信用は大きく低下しますから、肝に銘じていただきたいところです。
銀行融資の返済は他の支払いよりも優先して行なう。
それぐらいの気持ちを持って借りていただくことが重要です。

4.できる限り早く

「来月に必要だから・・・。」
「今月末までにどうしても・・・。」
急に資金が必要なることは、会社経営をしている多くの経営者が体験しているでしょう。そして、焦って銀行融資を受けようとチャレンジした方も多々おられることでしょう。
当たり前ですが、急な資金が必要となっている時は、資金繰りの悪化=経営状況が悪くなっている、そのように銀行融資担当者は考えるものです。普段どおりに順調に経営をしていれば“急”に資金が必要となることはまずありえませんから。
だから、急であればあるほど、銀行としては貸し出しのリスクが大きく高まりますので、融資を受けられる可能性は低くなるでしょう。

「銀行融資はできる限り早めに申込みをしてください!」

早ければ早いほど良いです。
数ヶ月先、余裕を持って、半年・1年ぐらい前から準備できるぐらいが一番良いでしょう。
残念ながら、多くの会社では、“資金繰り管理は面倒なので、仕事に必要な入出金処理ぐらいで、計画的な管理は、ほぼ何も行なわれていない状態。資金管理については、資金繰りが逼迫するまで何も行動をしない。”という状況に陥っています。

資金繰り、特に銀行融資については、後回しにしないで優先することがとても大事です。

「銀行融資はできる限り早く対応すること。」


銀行融資を受けたいなら、
以上の4つの点を理解してください。

あなたの会社が、当サイトの銀行融資・日本政策金融公庫融資のノウハウで、事業資金を借りることができることを願っています。

つぎ 銀行融資、日本政策金融公庫融資について>>


スポンサーリンク

 

PAGE TOP